友人たちの部屋探しの相談を受けるのですが

不動産

一人暮らしに適した部屋は?

人間は1日のうち役半分は家の中で生活していますが、その長い時間をつまらない部屋で過ごしてしまうのは非常に勿体無い事だと思います。

一人暮らしの方は大体ワンルームとか1部屋の物件に住んでいると思いますが、部屋は広いほうがいいに決まってます。

そこで僕が経験した物件探しや部屋の間取りなどについて書きます。

部屋の広さが6畳以下の場合はベッドは置かないほうがいいと思います。

使うならソファーベッドなどがいいでしょう。

お友達を部屋に呼んだ時でもベッドの大きさがまるまるスペースになります。

ソファーベッドにしてもふとんを片付けるだけでソファーになりますし、2人位は余裕を持って座れます。

それと、物件を探す時は出窓付きの角部屋です。

ここの出窓のスペースも侮れません。コンポを置いてみたり、小物を飾ってみたりするのもいいでしょう。

それと結構大事な事は、ガスを使わず、電気だけでお湯が沸かせたりする物件です。

一見便利なように見えますが、その分電気代はたくさんかかりますし、入浴は1日2回はもちろん出来ません。大体ベランダにお湯を貯めるタンクがあってその量を超えると水しか出てきません。いつでも無制限にお湯を使いたいなら新たに深夜電力Bとかいうのを契約しなければならなくて料金も高いです。


一人暮らしの物件探し



間取図を見るのが趣味で引っ越し回数も多い私は、よく友人たちに部屋探しの相談を受ける。
友人たちに共通ですすめる部屋の条件は
・玄関から部屋の中が丸見えにならない
・洗濯機置き場から洗濯物を干す場所までの動線のよさ
・独立した洗面所がある(バストイレ別に気を取られ、洗面所の確認を怠りがち)
・つくりつけ収納の容量、使い勝手が自分に合っている
・隣の部屋と接する面に収納(押入れなど)がある
といったポイント。
また敬遠されがちだけど意外とおすすめな条件は
・目の前が墓地→新しく高い建物がたつことがないから安心、お参りシーズン以外は静か
・1階→荷物の運搬は楽だし、階下への足音を気にしなくてよい
・洗濯機置き場がベランダ→洗濯物を干すのが楽!
などがある。
まず、間取図を見て朝起きてから夜寝るまでの行動をシミュレーションしてみると問題点や、家具の配置などが浮かんでくる。
また、自分の生活パターンによって快適な間取も変わってくる。
朝起きるのが遅いなら東向きより西向き物件。
料理をそれほどしないならキッチンは小さくてもいい。
逆に料理やお菓子作りをよくするなら3口以上のコンロは必要だし、キッチンに窓があると気分もいいし換気もしやすい。
などなど。
結婚し家を構えてしまった今だからこそ気ままに身軽に住む家をかえられる一人暮らしの生活ををうらやましく思うし、もっとたくさんの物件に住んでみたかったなと思う。


大阪でシェアハウスを選ぶならプライベートな空間が確保されているところがいいですよ。「guesthouse osaka」ならそれに当てはまるシェアハウスが用意されていますよ。

LATEST RECENT

TOP